商工中金について 倫理憲章

TOP > 商工中金についてTOP > 倫理憲章

倫理憲章

倫理憲章

信頼の確立
  • 中小企業による中小企業のための金融機関として、総合的で質の高いサービスを安定的に提供し、お客さまの持続的成長を支援します。また、金融機関としての資金決済・仲介機能を発揮するという社会的責任を十分に理解し、行動します。
  • 使命や金融機関としての社会的責任を果たすため、適時適切なディスクローズをはじめ、広く社会とのコミュニケーションを図ります。また、一人一人が日々の業務において与えられた役割を適切に果たし、健全かつ適切な業務運営を通じて、信頼の維持・確立に努めます。
  • 全ての役職員が公正な職務の執行に努め、確固たる企業倫理を構築します。また、内部管理体制、リスク管理体制などの内部統制の充実を図り、自己規律を備えた自己責任に基づく業務運営を徹底します。
お客さま本位の徹底
  • お客さまの成長が商工中金の使命であることを十分に認識し、お客さまに対して、常に懇切・丁寧・誠実に対応し、お客さまの満足が得られるように接遇します。
  • お客さまの立場になり、お客さまのニーズや経験を踏まえ、適切なサービスを提供します。また、サービスの提供の際には、お客さまのメリット、デメリット、サービスに包含されるリスクなどについて、適切かつ十分に説明し、お客さまのご理解が得られた上で、取引を行います。
  • お客さまからお預かりする情報の管理について、細心の注意を払い、漏えいの防止等のため、適切に管理します。また、お客さまからお預かりする情報は、利用目的の範囲内で利用し、利用目的外に利用する場合は、お客さまの同意を得ます。
法令等の厳格な遵守
  • 金融機関としての業務を行うに当たり、公正な競争の確保、顧客情報の厳格な取扱い、インサイダー取引の禁止、マネー・ローンダリングの防止など、あらゆる法令やルールを遵守し、社会的規範を逸脱するような不健全な融資や営業活動を慎み、良識ある業務遂行を行います。
  • 万一、法令やルールに逸脱する事態が発生した場合は、それを隠ぺいすることなく、定められた報告体制に従って報告します。そして、迅速な問題解決と、二度と同様の事態が発生することのないように、再発防止に努めます。
  • 物品・サービスの購入やシステムの発注等を行うに当たっては、公正な市場ルールと適正な商慣習に従って取引を行い、仕入先との関係において、公正性と透明性を確保します。また、談合などの不公正な取引とは断固として決別します。
人権の尊重
  • お客さま、役職員をはじめあらゆる人の尊厳、基本的人権を尊重し、日々の業務に取組みます。
  • それぞれがお互いの人格を尊重し合い、セクシュアル・ハラスメントやパワー・ハラスメントなどの個人の尊厳を傷つける行為や差別、偏見のない明るい職場環境づくりに努めます。
反社会的勢力の排除
  • 市民社会の秩序や安全に脅威を与える暴力団などの反社会的勢力と断固対決し、不当な介入を排除します。
  • 犯罪やテロに利用されることを防ぐために、本人確認を徹底し、各種犯罪性、テロが疑われる取引や不自然な態様の取引を発見した場合は、見過ごすことなく、疑わしい取引の届出など適切に対応し、マネー・ローンダリングの防止に努めます。

▲ このページのトップへ

  • 商工中金をご理解いただくために
  • 倫理憲章
  • 適正な業務運営の仕組み
  • 業績のご報告
  • 格付情報
  • 電子公告
  • 店舗一覧
  • ATMご利用案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • キャンペーン情報
  • 広報誌ちゅうきんだより
  • 経済レポートなどのご案内
  • 商工中金情報ネットワーク(お取引先の方へ)
  • 商工中金グループ
  • 関連リンク
  • ご意見コーナー
  • 預金保険制度について
  • 振り込め詐欺救済法への対応について
  • 金融円滑化に向けた取組みについて
  • 商工中金の苦情対応・紛争解決の概要