商工中金ダイレクトの不正利用にご注意ください

新聞報道にありますように、銀行を装った詐欺メール(フィッシング詐欺)が、不特定多数のお客さまに送信され、お客さまのご契約者カードの情報や暗証番号等の情報を盗み取り、不正利用する事象が発生しております。また、最近では、スパイウェアなどの侵入により、ログイン後に、不正なポップアップ画面などにお客さま情報を入力する画面が表示される事象も発生しております。
当金庫では、現時点では、このような事象は確認されておりませんが商工中金ダイレクトをご利用のお客さまにおかれましても、十分ご注意くださいますようお願いいたします。

具体的な事例(1) 詐欺メール(フィッシング詐欺)

他行の事例では、添付されているファイルを開いたり、メール本文に記載された(偽サイトの)URLをクリックすると、お客さまの契約者カードに記載された契約者番号・確認番号や、暗証番号等のお客さま情報を入力する画面が表示されます。
これらの情報を入力して送信すると、悪意のある第三者が、これらの情報を不正利用して、お客さまになりすまして不正な取引を行うというものです。

*商工中金ダイレクトの操作では、契約者カードに記載された全ての確認番号を一度にお伺い(入力依頼)することはございません。

当金庫では、現時点で、このような事象は確認されておりませんが、不審なメールには、十分にご注意ください。



具体的な事例(2) ログイン後の不正なポップアップ画面の事例

最近、インターネットバンキングにログインした後に、契約者番号や、暗証番号などお客さまの情報を入力させようとする不正なポップアップ画面やログイン画面を模倣した画面が表示されるという事例が、一部の金融機関で発生したとの報道情報がありました。

当金庫においては、これまで同種の事例は発生しておりませんが、お客さまのパソコンがスパイウェアに侵入されたりウィルスに感染するなどによって、類似の事象が発生する可能性もございますので、充分ご注意ください。

※ウイルスやスパイウェアは、お客さまに何らかの悪い影響を与える不正プログラムの総称で、電子メールやインターネットを介して、知らないうちに、パソコンなどにインストールされます。
お客さまが、パソコンなどにパスワードを入力すると、その情報をインターネット経由で第三者に送信してしまいます。

「商工中金を装う心当たりのない不審なサイトやポップアップ画面、暗証番号・確認暗証番号や確認番号(乱数表)の全ての入力を求めるログイン画面が表示された」「商工中金を装う心当たりのない不審なメールが届いた」「身に覚えのない商工中金ダイレクトの取引がある」など、不正利用のおそれがある場合は、直ちに、「暗証番号・確認暗証番号の変更」や、「インターネットバンキング、モバイルバンキング各々で、利用停止の設定」を行ったうえ、下記までご連絡ください。

※契約者カードの再発行手続きは、下記時間中に、商工中金ダイレクトバンキングセンターまで、お問い合わせください。

この他、商工中金ダイレクトご利用時にお気をつけいただきたい事項を以下のページに掲載しておりますので、この機会に今一度ご確認いただきますようお願いいたします。

○商工中金ダイレクト「ご利用上の留意事項」

○商工中金ダイレクトのセキュリティについて

○Q&A(セキュリティについて)

受付担当 受付時間 電話番号
商工中金ダイレクトバンキングセンター 営業日の9時~21時 0120-299-233(一般用)
0120-064-056(契約者専用)
お取引店 営業日の8時40分~17時 お取引店まで
お電話ください。
店舗一覧
紛失受付専用ダイヤル 営業日の上記以外の時間帯  土・日曜、祝日、振替休日、銀行休業日:24時間 0120-155-215

ページのトップへ