商工中金について 倫理憲章

TOP > 商工中金についてTOP > 倫理憲章

倫理憲章

倫理憲章と行動基準

1.コンプライアンスの徹底

私たちは、あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会規範にもとることのないよう、常に高い道徳観・倫理観をもって行動します。

【行動基準】
  • 誰にでも、どのような業務にも不正の可能性があることを理解し、常に不正防止を念頭に置き業務に取り組みます。
  • 規定やルールを正しく理解し、手順省略はせずに業務を行います。また、規定やルールを、曖昧なまま、都合よいように勝手に解釈はしません。
  • 本部は、分かりやすい通牒・マニュアルを策定するとともに、必要に応じ改善・見直しを行います。
  • コンプライアンス検討会を定期的に開催し、繰り返し研修・議論を行い、規範意識を向上させます。
2.お客さまに対する姿勢

私たちは、中小企業専門の総合金融機関であるという原点に常に立ち返り、お客さまからの信頼とお客さまの満足を第一に考え行動します。

【行動基準】
  • 私たちは、お客さまに寄り添い、お客さまとの信頼関係の構築に取り組みます。
  • 私たちは、お客さまと対話を深め、お客さまの事業を理解し、課題の共有に取り組みます。
  • 私たちは、お客さまの課題解決に向け、ソリューションの提供に取り組みます。
  • お客さまのニーズに対して、支店内・本支店が協力し迅速に対応します。
3.社会に対する責任

私たちは、透明性が求められる社会的公器である金融機関の一員として、また地域社会の一員として、常に社会的責任を自覚し、公正・誠実に行動します。

【行動基準】
  • 自らの行動が商工中金の行動と見られていることを常に意識し、公正・誠実に行動します。
  • 行政や地域金融機関等と連携・協働し、地域社会へ貢献するよう考えます。
  • 他の職員が不正を行っているのを発見したら、見て見ぬふりはせず、速やかに上司や職員相談窓口へ報告します。
  • 不正の発見の報告を受けた上司は、隠すことなく本部に報告します。
  • 反社会的勢力および団体に対しては毅然とした対応をし、関係を遮断します。
  • 商工中金の預金口座が、テロ等の資金源となりうる資金のマネー・ローンダリングなどの犯罪に利用されることがないようにします。
4.目指すべき組織

私たちは、あらゆる人の人権と多様性を尊重し、ハラスメントや差別のない風通しの良い職場環境の構築に努めます。

【行動基準】
  • ハラスメントをなくし、何でも相談・意見し合える職場を作ります。
  • 困ったことがあれば、一人で抱え込まず相談します。
  • 困っている様子の人には積極的に声掛けします。
  • 上司や同僚に相談しにくい場合には、エリア・コンプライアンス・オフィサーや職員相談窓口に相談できないか考えます。
  • 上司は、部下が困っていないか常に気を配り、耳を傾け、積極的に声掛けをします。
  • 本部は、営業店の意見に真摯に耳を傾け、迅速・誠実に対応します。

▲ このページのトップへ

  • 商工中金をご理解いただくために
  • 倫理憲章
  • 適正な業務運営の仕組み
  • 業績のご報告
  • 格付情報
  • 電子公告
  • 店舗一覧
  • ATMご利用案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • キャンペーン情報
  • 広報誌ちゅうきんだより
  • 経済レポートなどのご案内
  • 商工中金情報ネットワーク(お取引先の方へ)
  • 商工中金グループ
  • 関連リンク
  • ご意見コーナー
  • 預金保険制度について
  • 振り込め詐欺救済法への対応について
  • 金融円滑化に向けた取組みについて
  • 商工中金の苦情対応・紛争解決の概要
  • 商工組合中央金庫電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針
  • 商工組合中央金庫電子決済等代行業者に求める基準