社長ご挨拶

 皆さまには、平素より格別のお引き立てを賜わり、誠にありがとうございます。
 このたび、3月27日開催の臨時株主総会および取締役会での決議ならびに主務大臣の認可を受け、代表取締役社長に就任いたしました。
 当金庫の危機対応業務の不正行為事案ならびにその他の不適切な業務運営に関しまして、お取引先をはじめ、株主や国民の皆さまに多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

 当金庫は、経済産業大臣の指示を受けて昨年設置された「商工中金の在り方検討会」提言に基づき、現在、その在り方を抜本的に見直し、ビジネスモデルを再構築すること、ガバナンス態勢の強化を行うことが求められています。
 「中小企業による、中小企業のための金融機関」という私たちの存在意義を軸にして、地域金融機関との信頼関係に基づいた連携・協業をすすめ、真にお客さま本位の姿勢で、中小企業専門金融機関の土台の下に、事業再生、M&A、事業承継など、中小企業が直面する課題に重点的に取り組み、それらを通じて、地域経済の活性化に貢献できる、新たなビジネスモデルを構築してまいります。

 役職員一同、中小企業金融の円滑化と中小企業の成長・発展に貢献するという原点に立ち返り、必要な改革を迅速に実施し、皆さまからの信頼を回復できるよう、全力を挙げて取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成30年3月
株式会社商工組合中央金庫
取締役社長
   関根 正裕

▲ このページのトップへ

  • 店舗一覧
  • ATMご利用案内
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • キャンペーン情報
  • 広報誌ちゅうきんだより
  • 経済レポートなどのご案内
  • 商工中金情報ネットワーク(お取引先の方へ)
  • 商工中金グループ
  • 関連リンク
  • ご意見コーナー
  • 預金保険制度について
  • 振り込め詐欺救済法への対応について
  • 金融円滑化に向けた取組みについて
  • 商工中金の苦情対応・紛争解決の概要
  • 商工組合中央金庫電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針について