輝く地域の中小企業

菓子卸をコアに
物流や製造を強みとして
地域密着型で成長を目指す

株式会社木村

6つの事業の柱で成長戦略を描く

米菓製造から事業を多角展開

あられ製造の様子(甲佐工場)

「食品を通じて、社会に貢献」を旗印とする木村グループは、菓子を中心とする食品総合卸の株式会社木村(熊本市、木村光男社長)を中核として、九州および中・四国を商圏に事業を多角展開する企業グループだ。
木村社長の父木村忠行氏は、熊本の菓子問屋で丁稚奉公をしたあと、あられを作る木村米菓を1954(昭和29年)に創業した。
その後、地方卸売市場の整備開始で、63年に熊本市内に田崎市場が開設されると、自社の菓子を売るため出店。自社製品だけでは商品が足りず、丁稚時代のつてで大手メーカー特約店から分けてもらった商品の二次問屋となり、これが同社の事業の中心的柱に育った。現在グループ売上の約3分の2を菓子卸が占める。

同社発展の力となった精米設備

木村社長は、東京の卸業者で3年修業したあと、82年に同社に入社。卸中心の自社業務の見直しを進めるなか、物流の重要性に気づいて85年に運送業を立ち上げた。地域密着の事業展開をする上で、九州をくまなく網羅する同社の物流網は大きな強みとなっており、現在グループ内で最も従業員数が多い。
また、米の自由化による95(平成7)年の食糧管理法廃止を前に自主流通米が増えるなか、高性能の精米設備を持つ同グループが、スーパーなどへの卸を大きく担うようになった。さらに、熊本をはじめ九州各地の土産物の製造・販売や輸入食品の販売などを立ち上げた。
このようにして、木村社長のもと、同社は製造、卸に加えて、物流、米、貿易と事業の柱を増やしてきた。

6次産業化で地域底上げへの貢献を目指す

“原料から作りたい”と農業法人を設立

木村グループの株式会社きむらのあられファーム(熊本県甲佐町)が耕作するもち米。将来的には、グループで製造するあられの原料米の全量生産を目指す

6番目の柱として2014年から始めたのが「農業」だ。90年から稼働する上益城郡甲佐町の米菓工場の隣接地に出た空き農地を借りて、あられの原料となるもち米を生産。農作業のない時期は、隣の工場で働く勤務形態も構築した。
「平地の多い熊本は農業に向いていますが、耕作放棄地など課題が多いのも事実です。これを有効活用して栽培した農産物を、さらに加工・製品化して付加価値をたかめることで、熊本の新しい魅力が生み出せます。“肥後の米菓”のイメージを確立し、新潟の米菓に対抗できるまでに育てたい。そうなれば、雇用創出等を通じて地域貢献になります」

事業の展望を語る木村社長

現在は米作だけでなく、園芸作物の栽培にも取り組む。15年には、熊本北部の中山間地にある山鹿市にも、農業法人を立ち上げた。
「後継者のいない農地を引き受けるビジネスモデルを構築できればと思っている」と語る木村社長。全国展開よりも地域に根づいた地域貢献型の発展を選びながら、着実に成長への布石を打っている。

企業データ

  • 本社:熊本市南区流通団地2-5
  • HP:http://www.kimura-net.co.jp/
  • TEL:096-377-2220
  • FAX:096-378-1748
  • 創業:1954(昭和29)年4月
  • 設立:1985(昭和60)年6月
  • 資本金:3億6100万円(グループ計)

商工中金は中小企業の価値向上に取組み、地域経済の活性化に貢献してまいります。まずは、ご相談ください。

お近くの各営業店までお電話ください。

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝祭日・12/31を除く)