輝く地域の中小企業

自動車用歯車の試作加工に特化、
高度な設備と技術で他社を圧倒

株式会社内野製作所

常に最新の工作機械を導入

下請の自動車部品製造で成長、試作で高い技術力を磨く

歯車部品のサンプル

新しい商品を世に出す前には、試作が不可欠だ。部品が設計図通りに加工できるか、設計通りの性能を発揮するかなど、さまざまな角度から検証して初めて量産に入る。
株式会社内野製作所(東京都八王子市、内野徳昭社長)は、自動車やバイクの歯車(ギア)の試作および少量生産に特化した企業だ。製品には高い精度が求められる。特にF1などレース用マシンの歯車を製造できる企業は国内に数社しかなく、国内自動車、二輪メーカーすべてと取引がある。

加工工場とは思えないモダンな外観の新本社工場。ヨーロッパの工場を参考に研究開発を意識した設計になっている

同社は1927(昭和2)年、内野義治氏が織物機械の修理会社として創業し、機械加工に進出した。第二次世界大戦の空襲で工場を焼失したが、戦後49年に(有)内野機械製作所として機械加工を再開。織機の歯車を量産していた。当時の内野鐵雄専務(創業者の次男、90年より社長)は、自動車が日本の基幹産業になるといち早く読み、50年代半ばにプリンス自動車(66年、日産自動車と合併)の部品加工を始め、68年に株式会社化し現社名となった。
70年代に参加したヨーロッパの国際見本市で、本田技研工業の技術者と知り合い、埼玉県朝霞市の本田技術研究所二輪R&Dセンターから、歯車等を受注し、さらに和光市の四輪R&DセンターからF1用精密歯車なども受注するようになった。

社員のモチベーション向上のため職場環境整備に注力

積極的・計画的に設備を導入し、最先端の技術で試作に特化

ワンチャックで、旋盤、ミーリング、深穴加工ができるドイツ製複合旋盤加工機。国内で保有するのは同社だけ

98年に3代目社長となった徳昭氏は、試作事業を拡大して全メーカーとの取引を開拓し、量産からは撤退した。先代のときから最新鋭の設備を他社に先駆けて積極的・計画的に導入してきた。最高の設備と高い技術力で、高精度の試作品をつくる体制が整っており、一番厳しいメーカーの要求に応えることで腕を磨き、信用を培ってきた。
その自信があるので安売りはしない。そのため、高い利益率を誇り、それはまた機械に厚く投資される。
「設備投資は毎年、年商の4分の1程度はつぎ込んでおり、年商の半分に及ぶこともある。大手メーカーでさえ導入しない最先端の機械でも、実際に使って優れた性能を発揮させることができれば、次の発注につながる。当社の試作技術は、大手メーカーでも真似できない」(内野社長)

経営理念を語る内野社長

もちろん、同社の実力は最先端の機械だけで発揮されるわけではない。それを使いこなすノウハウの蓄積が最大の強みだ。社内ですべての治具製作が可能なことも、その一つ。こうした総合力で他社の追随を許さない。
2011年に、現在地に新工場を建設して移転してきた。ヨーロッパの工場を参考に、自然光や風を積極的に取り入れる構造になっており、工場らしくない美しさ、機能性を備えている。ここでは社員教育のための環境を整え、女性活用にも積極的に取り組み、人財育成を充実させた。
「ここ数年は新卒採用にも本腰を入れている。仕事は厳しいが、待遇は良い会社にしたい」(内野社長)

企業データ

  • 本社:東京都八王子市戸吹町2105
  • HP:http://www.uchino-ss.co.jp/
  • TEL:042-696-6210
  • FAX:042-696-6218
  • 創業:1927(昭和2)年9月
  • 設立:1949(昭和24)年6月
  • 資本金:1000万円

商工中金は中小企業の価値向上に取組み、地域経済の活性化に貢献してまいります。まずは、ご相談ください。

お近くの各営業店までお電話ください。

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝祭日を除く)