輝く地域の中小企業

「硬くする」熱処理とコーティングの
高い技術による超量産で躍進

株式会社東研サーモテック

「超量産」を実現するノウハウが最大の強み

金属熱処理の草分けとなる100年企業

DLC(DiamondLike Carbon)コーティング用の物理蒸着法真空炉(中型、コベルコ製)

 自動車などには、耐久性の高い部品が求められる。金属部品の耐久性を高めるには、成形後に熱処理(焼き入れ)を行って金属の硬度を上げるか、コーティングを行うことが多い。その専門企業の代表格が、㈱東研サーモテック(大阪市東住吉区、川嵜隆司社長)だ。業界で国内最大規模、世界的にも最上位クラスだという。
 呉の海軍工廠での焼入技術を基に1909(明治42)年に木村延一、筒井保太郎両氏が木村鋼化工場を始め、39(昭和14)年に㈱東洋金属熱処理研究所を設立した。これが同社の前身で、昨年創業110年、設立80周年を迎えた。
 熱処理専門業者の草分けで、紡績工場用部品の熱処理などで発展した。しかし、戦争中は軍需が中心となり、やがて必要なガスや石炭の供給も途絶えて一時閉鎖状態になった。

民需の拡大、海外展開と時代を読んで成長

炉内の温度が設定通りか、目視にて色で確認する。センサーだけでなく、現場で蓄積されてきたノウハウを備えた「目」の力が重要

 戦後、民需が再び立ち上がるなか、創業者の筒井氏の甥・川嵜玉男氏(現社長の祖父)が先頭に立って工場を再開。48年には社長に就任し、増加する熱処理需要とともに会社を大きくした。89(平成元)年に川嵜修氏(現社長の父)が社長に就任し、91年に現社名に改称している。
 95年、取引先の大手クラッチメーカーの要請でタイに工場を造ったのを皮切りにマレーシア、中国、メキシコに海外拠点を展開した。海外での新規取引先から国内でも受注する“ブーメラン効果”もあって、事業は順調に拡大している

「価値を協創し、材のセンスを活かす」

高い技術力が実現する超量産、コーティング

超量産型連続浸炭炉の全景

 熱処理は「アナログ技術」の世界で、仕上がりにはばらつきが出やすい。同社は、設備管理・制御も含めた高い技術とノウハウを社員に身につけさせることで、量産の難しい熱処理における「求められる規格内の仕上がり」と「超量産」を実現している。同社の社員の8割以上が金属熱処理技能士の資格を取得しているが、業界トップの資格者数だという。理論を身につけ、実践を積むことで、高い水準で仕事ができる。
 熱処理では、表面の金属に炭素を均一に浸入させ焼き入れをして硬くする。その延長線で、表面に均一な炭素の膜をつけるコーティング技術(DLC等)の超量産化を実現した。ダイヤモンドは炭素の結晶なので、ダイヤモンドのような硬度を実現できる。10数年かけて開発し、現在は同社の二本柱の一つだ。

「さらに『硬くする』技術を今後も極めたい」と語る川嵜社長

 企業理念は「Harmony with …」。同社の仕事は、顧客の製品を「硬くする」ことで、自社製品はない。そのため、顧客の製品開発にも関与しながら、付加価値を高める協業に徹する。素材は変えられないが、その潜在能力を最大限に活かすことで、顧客の要望を実現する。そのような思いを込めて、「私たちは価値を協創し、材のセンスを活かします」という標語を掲げながら「これからも『硬くする』を極めたい」と川嵜社長は熱く語る。

企業名:株式会社東研サーモテック スライド

企業データ

  • 本社:大阪市東住吉区桑津5-22-3 (※)
  • HP:https://tohkenthermo.co.jp/
  • TEL:06-6719-2812
  • FAX:06-6719-3279
  • 創業:1909(明治42)年6月
  • 従業員:2861名(グループ計)
  • 資本金:8800万円
    (※2020年4月 寝屋川工場に本社機能移転)

商工中金は中小企業の価値向上に取組み、地域経済の活性化に貢献してまいります。まずは、ご相談ください。

お近くの各営業店までお電話ください。

受付時間 9:00~17:00(土・日・祝祭日を除く)