電子記録債権関連サービス

商工中金では「でんさい」業務を始めとした電子記録債権関連サービスを通じて、中小企業の皆さまの資金決済手続きにかかる事務負担を軽減し、資金の有効活用を支援します。以下、電子記録債権のおもなメリットや取引の仕組みと商工中金で取り扱いする電子記録債権関連のサービスについてご説明いたします。

電子記録債権とは

手形債権や指名債権(売掛債権等)の問題点を克服した新たな金銭債権です。電子記録債権制度は、事業者(特に中小企業の皆さま)の資金調達の円滑化等を図るため創設されました。
政府の認可を受けた電子債権記録機関(複数の機関が登録されています。)が管理する記録原簿に債権情報を電子記録することにより債権の権利内容が決定され、効力が生じます。

電子記録債権の特徴
手  形
○作成・交付・保管コスト
○紛失・盗難リスク
○分割不可
電子記録債権
○電子データ送受信等による発生・譲渡
○記録機関の記録原簿で管理
○分割可
売掛債権
○譲渡対象債権の不存在・二重譲渡リスク
○譲渡を債務者に対抗するために、
 債務者への通知等が必要
○人的抗弁を対抗されるリスク
電子記録債権
○電子記録により債権の存在・帰属を可視化
○債権の存在・帰属は明確であり、通知等
 は不要
○原則として人的抗弁は切断

▲ このページのトップへ

商工中金が取り扱う電子記録債権

商工中金では、(1)株式会社全銀電子債権ネットワークを電子債権記録機関とする電子記録債権(以後、「でんさい」といいます。)と(2)日本電子債権機構株式会社を電子債権記録機関とする電子記録債権(以後、「電子手形」といいます。)の2つを取扱いいたします。

▲ このページのトップへ

商工中金でんさいサービス

商工中金でんさいサービスの概要

「商工中金でんさいサービス」とは、商工中金が「でんさいネット」※の窓口金融機関として、お客さまに提供する電子記録債権サービスのことをいいます。具体的には、お客さまが商取引において発生させた金銭債権・債務の決済を「でんさい」で行う際に必要な各種お手続きの取次、および、お客さまがお持ちの「でんさい」の割引などを行います(でんさいサービスの利用開始およびでんさいの割引などの実施に当たっては審査がございます。審査結果によってはお取引をいただけない場合がございます)。なお、「商工中金でんさいサービス」のご利用にあたっては、原則、商工中金ビジネスWebのご契約が必要となります。(商工中金ビジネスWebトップページはこちら)

でんさいサービス利用時間・手数料一覧について

でんさいサービス利用時間・手数料一覧pdf[123KB]

でんさいサービス規定等

(1)(2) 株式会社全銀電子債権ネットワーク業務規程および業務規程細則
(3) 商工中金でんさいサービス利用規定pdf[238KB]

「でんさいネット」とは

「でんさいネット」とは、当金庫をはじめとする全国の金融機関が参加し、電子記録債権を記録・流通させる新たな決済インフラのことをいい、一般社団法人全国銀行協会が設立した電子債権記録機関「株式会社全銀電子債権ネットワーク」の通称です。お客さまは「でんさいネット」に参加している取引金融機関を通じて、「でんさいネット」を利用します。当金庫では、「商工中金でんさいサービス」を通じてご利用いただけます。

でんさいネットの特徴
ポイント(1)
手形的利用
資金調達の円滑化に資する最も汎用的な利用方法として、現行の手形と同様の利用方法が採用されています。手形の取引停止処分制度と類似の制度が整備されています。
ポイント(2)
全銀行参加型
銀行の信頼・安心のネットワークのもとで、社会インフラとして構築される必要性を強く認識し、全銀行参加型が採用されています。
既存の銀行間の決済システムを利用し、確実に資金回収できる仕組みの提供が可能です。
ポイント(3)
間接アクセス方式
金融機関を経由してでんさいネットにアクセスする方式により、現在利用している取引金融機関をそのまま利用できるため、安心してサービスを受けることが可能です。
金融機関の創意工夫によって、それぞれの利用者ニーズにあったサービスを提供できる仕組みとなっています。
「でんさい」取引の流れ

「でんさい」を利用した資金決済のイメージおよび取引の流れは以下のとおりとなります。

でんさいを利用した資金決済のイメージ

「でんさい」の取引の流れ

でんさいの発生・・・ 取引金融機関を通じて「でんさいネット」の記録原簿に「発生記録」を行うことで、でんさいが発生します。
でんさいの譲渡・・・ 取引金融機関を通じて「でんさいネット」の記録原簿に「譲渡記録」を行うことで、でんさいを譲渡できます。必要に応じて、債権金額を分割して譲渡することもできます。
でんさいの決済・・・ 支払期日になると、自動的に支払企業の口座から資金を引落し、仕入先企業の口座へ払込みが行われます。「でんさいネット」は支払が完了すると「支払等記録」を行い、これにより決済が完了します(口座間送金決済といいます)。また、手形と異なり、仕入先企業は支払期日当日から資金を利用することが出来ます。
「でんさい」導入のメリット

でんさいの利用で支払企業の皆さま、納入企業の皆さまのどちらのお客さまにも手形や売掛債権などの既存の支払手段では解決できなかった課題が解決できます。

<支払企業さまのメリット>

手形債権・指名債権
手形発行の事務負担や搬送代の負担が大きい。
手形発行の際、印紙税がかかる。
手形・振込・一括決済など、支払手段が複数ある。
電子債権を導入すると・・・
手形発行に関する事務手続きとコスト削減できる。
電子記録債権には印紙税がかからない。
「でんさいネット」に一本化すれば、効率化が図れる。

<納入企業さまのメリット>

手形債権・指名債権
手形紛失・盗難リスクがある。
保管コストがかかる。
手形の取立手続きが面倒。
手形は分割譲渡できない。
指名債権(売掛金等)は債権不存在や二重譲渡リスクが内在している。
電子債権を導入すると・・・
ペーパーレス化により紛失・盗難リスクがなくなる。 保管コストも削減できる
期日に自動送金される。手形の取立手続きもない。
分割機能を活用し、必要な金額の割引や譲渡が可能。
「記録原簿」により債権不存在や二重譲渡リスクを回避できる。
「でんさい」を利用した資金調達

  商工中金では、お客さまがお持ちの「でんさい」を、期日前に資金化するために割引もしくはファクタリングを行います。また、お客さまを支払人、当金庫を受取人とする「でんさい」を、お客さまが発生させることによる金銭の貸付も行っております(割引、ファクタリングおよび貸付の実施に当たっては審査がございます。また審査結果によっては、お断りすることがございます)。ご検討に当たっては、商工中金の窓口にご相談ください。

「でんさい」を利用した割引のイメージおよび取引の流れ 「でんさい」を利用した資金調達
※窓口金融機関とは、お取引先がでんさいの利用契約を締結した金融機関のことです。

お問い合わせ

「商工中金でんさいサービス」導入のご検討等に当たっては、商工中金の窓口にご相談ください。

▲ このページのトップへ

電子手形の割引・ファクタリング

「電子手形」とは、電子記録債権法に基づき指定を受けた電子記録債権機関である日本電子債権機構株式会社(略称:JEMCO)の記録原簿に記録された電子記録債権のことをいいます。商工中金では、お客さまがお持ちの「電子手形」を、期日前に資金化するために割引もしくはファクタリングを行います(割引もしくはファクタリングの実施に当たっては審査がございます。また審査結果によっては、割引もしくはファクタリングをお断りすることがございます)。
割引もしくはファクタリングのご検討に当たっては、商工中金の窓口にご相談ください。

電子手形割引の仕組み

電子手形割引の仕組み

▲ このページのトップへ