振込みにおいてワンタイムパスワードが必要になります。

「ハードトークン」とは

合言葉 振込限度額

〇一定時間ごとに変化する使い捨てのパスワード(ワンタイムパスワード)を生成・表示する専用の端末です。

〇パスワードは1分ごとに更新され、一度使用したパスワードは、その時点で使用できなくなることから、万一スパイウェアやファイル交換ソフトによりパスワードが盗まれたとしても、次の取引では異なるパスワードが必要となるため、不正防止に有効な対策となります。

【ハードトークンをお申込みいただくときの注意事項】
 商工中金ダイレクトの契約が完了していることが必要です。
商工中金ダイレクトにログインし、利用申込み画面からハードトークンの利用申込みを行ってください。
※携帯電話からはお申込みいただけませんのでご注意ください。
※ハードトークンの配送手続きが大変混雑しております。
 お届け時期がお申込後1~2ヶ月程度かかる場合がございます。
 お急ぎの方は、ソフトトークンのご利用をお願い致します。

ハードトークンのご利用について

ハードトークンのご利用方法の詳細は下記をご確認ください。

ハードトークンをご利用いただく場合

  • ハードトークンは小型の端末です。紛失・盗難等にご注意ください。なお、紛失等による再発行につきましては、所定の手数料が発生します。
  • ハードトークンは最長5年で有効期限を迎えます。有効期限が近づくとEメールなどでお知らせしますので、切替え手続きを行ってください。
  • ソフトトークンをご利用のお客さまはハードトークンをご利用いただけません。ハードトークンをご利用いただくためには、ソフトトークンを解約していただき、別途ハードトークンのお申込みをお願いいたします。


  • Q&A

    Q1 ハードトークンは、どのようなときに使用するのですか。

    A  振込・振替取引の際にご利用いただきます。振込・振替時の認証画面において、従来の確認暗証番号に変えて、ハードトークンに表示されるワンタイムパスワードを入力していただきます。

    Q2 ハードトークン(ワンタイムパスワード)は、必ず利用しなければならないのですか?

    A  平成30年6月11日(月)より「振込・振替」取引時にワンタイムパスワードの利用が必須となります。 「振込・振替」取引を利用されるお客さまにおかれましては、早めのワンタイムパスワードのご利用をお願いいたします。


    Q3 ハードトークンには有効期限がありますか?

    A  ハードトークンの有効期限は最長で5年です。ハードトークンの有効期限はハードトークンの裏面に印字されています。有効期限が経過したハードトークンは使用できなくなります。なお、有効期限が近づくと(90日前)Eメールやインターネットバンキングの画面でお知らせしますので、有効期限到来までに新しいハードトークンへの切り替え手続を行ってください。

    Q4 申込みからどのくらいで利用できますか?

    A  ハードトークンのお申込み後、1~2週間程度で届出住所に郵送されます。お手元にハードトークンが届きましたら、インターネットバンキングにログインのうえ、ハードトークンの利用登録をお願いいたします。
    利用登録完了後にワンタイムパスワードをご利用いただけます。
    ※ハードトークンの配送手続きが大変混雑しております。
     お届け時期がお申込後1~2ヶ月程度かかる場合がございます。
     お急ぎの方は、ソフトトークンのご利用をお願い致します。

    Q5 ハードトークンを紛失してしまった場合や、故障した場合にはどうすればよいでしょうか。

    A  ハードトークン紛失または故障した場合には、商工中金ダイレクトバンキングセンターまでご連絡ください。再発行手続きをご案内いたします。なお、再発行につきましては別途再発手数料をいただきますので、あらかじめご了承ください。

    商工中金ダイレクトバンキングセンター

    ▲ このページのトップへ

    閉じる