商工中金からのお知らせ

THE SHOKO CHUKIN BANK





商工中金 広報誌“ちゅうきんだより”
7月号からの新コーナー開始について



 年4回発行されている商工中金の広報誌の「ちゅうきんだより」では、7月号から、東大の伊藤元重教授とソフィアバンクの藤沢久美副代表を起用し、商工中金のネットワークを活用して、特徴ある中小企業経営者及び産業クラスター地域をシリーズにて紹介します。
 新しいコーナーの名前は、「伊藤教授の“ビジネス未来塾”」、「藤沢久美の“産業再発見”」。
 伊藤教授が担当する“ビジネス未来塾”では、全国の元気な中小企業経営者と対談します。
 また、藤沢久美さんが担当する「産業再発見」では、全国各地の特徴ある地域を協同組合等に焦点を当てレポートします。
 第一回目の“ビジネス未来塾”においては、経営戦略をテーマに、伊藤教授と世界的なスイッチ・センサーの開発メーカーである株式会社生方製作所の生方眞哉社長との対談、“産業再発見”においては産業集積地域である浦安鉄鋼団地協同組合を藤沢久美さんがレポートします。
 商工中金では、広報誌“ちゅうきんだより”を通じ、伊藤教授、藤沢久美さんそれぞれの切り口で、中小企業の強さの秘訣などをお伝えし、広く読者の皆さまに経営戦略へのヒントをつかんで頂くとともに、産・学の連携の場として育ててゆきたいと考えています。
 広報誌“ちゅうきんだより”は、商工中金お取引先を中心に配布していますが、
ホームページでも掲載しています。






商工中金