安心セキュリティガイド

安心セキュリティガイド スパイウェアや不正なメールなどを具体的な事例を交えてご紹介します。

商工中金ダイレクトの不正利用にご注意ください。

新聞報道にありますように、銀行を装った詐欺メール(フィッシング詐欺)が、不特定多数のお客さまに送信され、お客さまのご契約者カードの情報や暗証番号等の情報を盗み取り、不正利用する事象が発生しております。

また最近ではスパイウェアなどの侵入により、ログイン後に、不正なポップアップ画面などにお客さま情報を入力する画面が表示される事象も発生しております。

当金庫では、現時点では、このような事象は確認されておりませんが商工中金ダイレクトをご利用のお客さまにおかれましても、十分ご注意くださいますようお願いいたします。

※ウィルスやスパイウェアは、お客さまに何らかの悪い影響を与える不正プログラムの総称で、電子メールやインターネットを介して、知らないうちに、パソコンなどにインストールされます。
お客さまが、これらがインストールされたパソコンなどに、パスワードを入力すると、その情報をインターネット経由で第三者に送信してしまいます。

具体的な事例 1
詐欺メール(フィッシング詐欺)
具体的な事例 2
ログイン後の不正なポップアップ画面やログイン画面を模倣した画面

ページのトップへ