事業承継

事業継承ニーズ受付件数・M&A仲介件数

商工中金は、中小企業・小規模事業者オーナーが抱える事業承継問題に取り組んでいます。事業承継問題の解決には、長い準備期間を必要とする場合もあり、事業者の経営計画の一環として、対策を講じる必要があります。
商工中金は、グループの総合力を活かしすべてのフェーズにおいて、お客さまの円滑な事業承継のサポートを行っています。

情報提供サポート

簡易株価算定

無料で簡易の株価算定を行い、課題を抽出します。また、一般的な株式の移転手続についてもご案内いたします。

提携税理士の無料相談

事業承継を専門とする専門家をご紹介し、対策を検討します。全国有数の事業承継の専門家と提携しており、バリエーション豊富な対策のご提案が可能です。

事業引き継ぎサポート

M&Aサポート

M&Aの担当セクションを設け、検討開始から譲渡・引き渡しまでトータルサポートを行っています。後継者不在により事業の承継にお悩みのお客さまと、事業の多角化・販路の拡大・人員の確保などのためのM&Aを検討されているお客さまのマッチング、金銭面や雇用の引き継ぎなどの条件交渉、その他第三者にかかる必要な手続きをサポートしています。

後継者育成支援コンサルティング(株式会社商工中金経済研究所)

後継者候補の方に、経営者として必要な知識などの研修を行います。

専門家派遣サポート

計画の作成・実行サポート

専門家を実際に派遣し、後継者の決定や経営権の移転時期、そのための準備事項をとりまとめ、スケジュールを組み立てます。また、承継計画の実行(財務・事業・人と組織の再構築)や経営改革の推進・対外折衝と協力依頼、経営改革による新たなる経営の実現などをサポートしていきます。

金融サポート

事業承継支援貸付

事業の円滑な承継に取り組むお客さまの資金ニーズに対応します。
具体的には、事業譲受資金や納税資金、退職資金のほか、後継者の方の株式取得資金などもサポートしています。

自社株の円滑な移転のため、信託銀行が企業オーナーの保有する自社株(有価証券)を管理する商品の媒介を行っています。

メリット
事業承継に取り組む必要性を感じつつも、会社の経営権(議決権行使の指図権)は引き続き持ち続ける必要がある場合、信託のスキームを活用することで、企業オーナーが経営権を確保しながら自社株の移転を行うことができます。

資産運用・管理サポート

お問い合わせはお近くの商工中金へ

M&Aを活用し、事業承継をサポートした事例

C社(譲受企業)は北海道・東北に拠点をもつガソリンスタンド運営業者で、D社(譲渡企業)は北陸に拠点をもつガソリンスタンド運営業者です。

C社は、他地域への進出を検討するなど、積極的に事業展開を進めていました。一方のD社は、堅実な運営を行い、業績も順調に推移していましたが、石油元売業者の再編により寡占が進むことで、ガソリンスタンド事業の将来見通しに懸念を持っていました。

両社のニーズを共有した商工中金は、両社に対しM&Aを提案し、複数年にわたって継続的にサポートを実施し、成約に至りました。譲渡に際して、D社では、業績が順調に推移する一方、事業用資産が創業者一族に分散しているなど、中小事業者特有のリスクが生じていました。商工中金では、外部の専門業者とも連携し、それらの課題を解決するとともに、精緻なデューデリジェンスの実施により事業譲受後の運営リスクを軽減させ、D社のガソリンスタンド事業に従事する従業員の雇用維持にも貢献しました。